資格を多く持つメリット

私は高校時代に全く何の資格もなく、専門学校に進学してから多くの資格を取得しました。
私の進学した専門学校は、コンピューターの専門学校で、コンピューターの基礎から、色々なソフトの使い方、それに簿記や秘書検定も受ける事ができましたし、授業で選択する事ができました。
コンピューターの学校という事で、色々なコンピューター言語などを知る資格であったり、表計算の資格、ワープロの資格も取得しました。
事務職を希望していた私は、事務で必要とする資格を取得しておく為に、簿記も選択し、勉強して簿記の資格を取得しました。
事務職では、色々な接客や電話対応も求められるであろうという事で、秘書検定も勉強し取得しました。
そういった事務に関する資格を取得する事で、就職の内定も沢山の会社からもらいましたし、会社を選ぶ事ができました。
それらのスキルは今も役だっていますし、就職してすぐに役立った資格だったと思います。
多くの資格を持つ事で、就職にも有利である上、自分のスキルも向上できるので、資格を持つという事はメリットの多い事だと思います。