ひとくちに「資格」と言っても色々あります。
1つめは、医師や調理師など国が認定する国家資格で、その仕事に就くのに必須なもの。
2つめは、ITパスポートなど、国家資格ではあるものの、その仕事には必須ではないもの。
3つめは、MCPやオラクルマスター、ネイリストなど企業が認定する認定資格。
それぞれ取得する目的も様々です。
仕事上、取得する必要がある場合もありますし、ただ趣味として取るものもあります。
転職の際に履歴書欄が寂しいからと取得する人もいますし、TOEICなどが管理職への昇進条件となっている会社もあります。
前述のように、その資格が無いと就けない仕事もあります。
医師や美容師などがその代表です。
資格試験の受験資格も様々。
受験料さえ払えばいつでも受験出来るドットコムマスターのようなものから、専門学校や専門学部を卒業しないと受験資格が与えられない美容師や医師など。
短期間の講習を受ければ受験資格が与えられるホームヘルパーといったものもあります。
難易度は国家資格が最も高いと言われていますが、高度に専門的な認定試験の中には国家資格並に難易度の高いものもあります。
難易度の高い資格には、試験日が1年に1回といったものも多く、資格取得の為の勉強は年単位の計画を立てて取り組む必要があります。